病院業務に特化した自動精算機とはどのようなものなのか

待ち時間の長さは病院の患者が不満に思っているもののひとつです。
予約した時間に行ったはずなのに、なかなか自分の名前が呼ばれずにイライラするという経験は誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。
待ち時間が長くなってしまう原因は会計にあると言われています。
会計は金銭のやり取りが発生するためミスが出来ず、どうしても時間がかかってしまいます。
また、ミスをした場合それをフォローする必要があるため処理が後手後手になってしまうのです。

このような問題を解決するのが自動精算機です。
自動精算機を使うことによって会計処理をスタッフが行なう必要が無くなるため、多くの人員の負担が軽減されます。
今まで会計処理のために使用していた人員を、患者の対応や十分な説明をするということに充てることによって患者の満足度を高めます。
こうすることで患者との信頼関係がより一層深まるのです。

ノモカスタンドは病院業務に特化している特徴を持った自動精算機です。
電子カルテとレセコンの連携がトップクラスで高いため、受付業務のスマート化を進めることが出来ます。
また、ヒアリングを徹底して行ない、そのクリニックがどのような機能を求めているのかを聞き出し、導入スタート日には専任担当スタッフが患者の対応まで行うという徹底したサポートをしてくれます。
そのため、自動精算機を初めて使用するというところでも安心することが可能になっているのです。
https://nomoca.net/