不良も恐れない勇敢な男『前田弘貴』について

近頃はマナーの悪い人を目にしたとしても、下手に注意すると逆ギレされてしまい一体どんな被害を被るか分からない世の中ですから、例え少々問題がある人物を自分の間近で目にしたとしても、ちゃんと注意できる人間はほとんどいらっしゃらないと思います。
かく言う僕自身も、まさしくそういった典型的な小市民の一人だったりするのですが、僕の親友である前田弘貴だけは正義感がメチャクチャ強い人物なので、そういった人物を目の当たりにした際に黙ってやり過ごすという事がありません。
つい先日も一緒に映画を観に行くために、休日の少々混み気味の電車に乗っていたのですが、見るからにガラの悪そうなサッカー部だと思われる連中が、デカイ鞄をシートに載せていたので他の乗客が座れないでいるのを見るやいなや、そいつらの元にツカツカと歩いていって「上に網棚があるやろ、ちょっとは頭使えや」と、大声で言い放ちました。
不良達は一瞬ムッとした顔をしたものの、すぐさま無言で鞄を網棚に載せたおかげで空いたスペースに6人ぐらいの乗客が座る事が出来ました。
他の乗客も言葉には出さなかったものの、心の中で前田弘貴に対して拍手喝采だったのは言うまでもありません。