いずみホールディングスは流通の最適化を目指している

日本の食文化に対して一番貢献する企業になるという経営理念を持っているのが株式会社いずみホールディングスです。
こちらではそのために「食品流通のOSを創り、新しいインフラで、世界中に豊かさを届ける」活動を実施しています。
この取り組みはブロックチェーンやAT、IoTなどの最新テクノロジーを駆使して食品流通に関する様々な事業を合理化し、食品流通の最適化を実現させます。

これを実現させることによって、代表取締役社長の泉卓真氏は生産者の所得を1.5倍に、食費を半分にすることが出来ると語っています。
そうすれば世界に誇る日本の食文化がさらに豊かになると言われているのです。
食品流通はそのコストはもちろんのこと、生鮮食品の場合には食品のクオリティーにも直接関係してきます。
それだけに流通の合理化には大きな関心を持たれています。

このことを具体的な事業にしているのがインターネット上の仮想市場である「日本卸売市場」です。
こちらは利用者が自分の欲しいものを検索するだけで日本中の選りすぐり食材を発見することが出来ます。
ここで運営されている「産直LIVE」では全国の生産者や漁師の方々とリアルタイムで交流をし、食材が採れるところを生で確認できるのです。
https://jgoodtech.jp/web/page/corp/-/info/JC0000000012646/outline/jpn