次世代型の暗号化ソフト

ビジネスの場でも家庭でもエクセルやパワーポイントといったファイルなどを取り扱うケースが非常に増えています。
特に銀行などのオンライン化によってパスワードの管理などはエクセルなどのファイルに一覧で所有している人も多いのではないでしょうか?こうしたファイルを使用するのは特別問題ではないのですが、このファイルのセキュリティ管理での問題が重要です。
ファイルに暗号をかけて管理することがメインのセキュリティ対策になるのですが、この暗号化が近年では進化しています。
普通の暗号化ならファイルを圧縮して重さ(バイト数)を軽くします。
その後に任意の英数字などを記号を入力することで次に開くときにパスワードを入力しないと開けないという仕様になっています。
メリットとしてはいつでも開ける、回数の指定ないので手軽という点です。
しかし、近年の社会的な信用などにおいては個人情報を取り扱うことも多くなっているので、自分の手でファイルを抹消したいこともあると思います。
そこでFinal Codeという暗号化ソフトを導入してみて下さい。
開くのは相手を指定できますし、遠隔でファイルを削除することもできるという優れものです。
開く回数の上限も指定できますので第3者への漏洩などの危険度は限りなく0に近い暗号を実現できています。
暗号化ソフトの導入を検討であればぜひテーブルに上げてみたいソフトの1つです。