これからの電気を考えるロハスソーラージャパン

電気は、私たちの生活に欠かせないものであり、また便利なものでもあるのです。
日々、生活をすることで電気を活用します。
その電気が、今までは日常の当たり前のように合ったものですが、東日本大震災の影響により、原子力発電に天災が及んだ後、広範囲に停電が起こりました。
都心の電気も麻痺し、そして電車などの交通にも大きく影響した上、帰宅難民を体験するといったことになりました。
電気というものは、身近にありながらも、天災などの影響で麻痺し、それだけでなく環境にも被害を及ぼしています。
そのことで、多くの人々は電気の考え方を変えました。
クリーンなエネルギーを使用することです。
ロハスソーラージャパンは、これからの新しい電力配給の形を実現化しています。
再生可能なエネルギーを中心とした電気を配給することで、環境への負担を小さくしています。
そのロハス電力のエネルギーが、太陽光に水力に風力にバイオマスなどの再生エネルギーです。
これからの電気を考えるなら、こうした形のものを配給していくことなのです。